SalivaChecker

MENU

お問い合わせ

previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

What Is Salivachecker?

サリバチェッカーとは?

がんのリスクを手軽に検査できる
「だ液のがんリスク検査」です。

「サリバチェッカー」は、慶應義塾大学先端生命科学研究所の研究成果をもとに開発した、がんの早期発見が期待できる新しい検査です。だ液中の代謝物を最新の測定装置を用いて測定、解析することで現在がんに罹患している可能性を調べることができます。

サリバチェッカーの特徴Feature

がんの種類ごとに
現在のがんリスク
一度に検査できます。

サリバチェッカーはだ液を採取するだけの手軽な検査です。1度の検査で5つのがん種ごとに現在のがんリスクを判定します。

だ液だけで
手軽に検査

専用キットを使って簡単にだ液を採取。5分程度で終了しますので、忙しい方でも手軽に検査を受けられます。

体への負担なく
検査可能

少量のだ液を採取するだけなので、体への負担がありません。血液検査など痛みが苦手な方でも安心して受けられます。

「今のリスク」が
分かるレポート

遺伝子検査のような生涯的可能性ではなく「検査時点でのがんのリスク」についてグラフやチャートでレポートします。

はじめよう、
だ液がんリスク検査

検査方法は?

だ液を採るだけで短時間で終わります。
3つのステップでがんのリスクを調べます。

検査の費用は?

検査を受ける医療機関によって異なります。
詳しくは、検査ができる医療機関に直接お問い合わせください。

がん検診とどう違うの?

サリバチェッカーは、検査時点でがんにかかっているかを調べるスクリーニング検査で、診断行為とは異なります。

新着情報News & Topics

2020/10/22 【学術発表】杉本取締役が、キャピラリー電気泳動・飛行時間型質量分析計(CE-TOFMS)を用いたバイオマーカー測定法について発表いたしました
2020/10/22 【学術発表】杉本取締役らの研究グループが、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の感染促進分子の口腔内分布に関する論文を発表しました
2020/10/22 【学術発表】砂村代表取締役、杉本取締役らの研究グループが、EGLN / HIF1Aを介したヒドロキシプロリンの過剰発現と膵臓癌の遠隔転移との関連について発表しました
2020/10/22 【学術発表】杉本取締役らの研究グループが、口腔癌のバイオマーカーに関する論文を発表しました
2020/10/22 【メディア掲載】WEBサイト「広報PRのチカラ」に、 当社の広報活動に関する紹介記事「PRで自社の魅力を再構築」が掲載されました
2020/10/16 【メディア掲載】NewsPicks に砂村CEOインタビュー記事「【新潮流】あなたの『だ液』で、がんが見つかる時代が来た」が掲載されました
2020/10/12 【メディア掲載】当社検査が読売新聞(大阪本社管内)朝刊で紹介されました
2020/10/09 【PRESS RELEASE】SOMPOひまわり生命保険「リンククロス」会員向けに、がんリスク検査の実証試験を実施
ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査