SalivaChecker

MENU

お問い合わせ

会社情報 Company

greeting / Career代表ご挨拶/経歴

挑戦。
「いのち」を守る
新たな提案。

私は消化器外科医の道を選択し、中でも膵がんの診療に尽力してきました。最も予後不良な膵がんと向き合い少しでも患者さんの役に立ちたいという志からです。

「こんなに元気なのになぜ手術が出来ないのですか。」
「手術したのにもう転移したのですか。」
膵がんの多くは発見された時には進行がんのステージで、手術後にも転移対策が重要です。未だ満足できる状況ではありませんが、発見が早期であれば膵がんの外科治療成績は良好です。多くの方が年一回の健康診断を受けられていると思います。はたして年一回の検査には根拠があるのでしょうか?膵がんの平均余命は半年以下。もっと頻繁に検査を受けることで、早い段階でがんを見つけられる仕組みをつくりたい。

私たちの提案は「セルフ・ヘルスケア」です。自分自身の健康状態を簡単な検査で把握していれば、がんを早い段階で発見することが可能になります。例えば早期の大腸がんや胃がんが発見できれば内視鏡による切除が可能で、お腹を切ることもなく直ちに日常生活に復帰できます。

このセルフ・ヘルスケアには、簡単で身体に負担の少ない検査が適しています。私たちが開発した唾液検査は針を刺す必要もなく、少量の唾液が必要だけなので、職場や自宅でも検査が可能になります。

唾液中のがんに特有な複数の物質を測定し、人工知能でがんのリスクが計算されます。遺伝子検査とは異なり、今現在の自分の体内で何が起きているのか、ということが分かるのです。

簡便で体に優しい唾液検査は、繰り返し何度でも、一人一人の健康状態に応じて適時検査が可能です。がんの早期発見、早期治療に唾液検査を役立てて下さい。

代表取締役

経歴

1981年青森県立中央病院研修医
1983年東北大学第一外科 入局
1987年東北大学医学部博士号収得
1990年カナダ国McGill大学リサーチフェロー
1997年米国Pittsburgh大学癌研究所(文部省在外研究員)
2002年英国Cancer Research UK研究員
2003年京都大学再生医科学研究所非常勤講師
2005年東北大学医学系研究科消化器外科 助教授
2007年医療法人社団宏陵会理事長(現任)
大泉中央クリニック 院長就任(現任)
2010年東京医科大学八王子医療センター兼任教授(現任)
2013年慶應義塾大学医学部非常勤講師(現任)
当社代表取締役CEO(現任)
2020年東北大学医学部非常勤講師
ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査