SalivaChecker

MENU

お問い合わせ

特徴とメリット Features

“だ液を採るだけ”
カンタン、痛くない、
複数のがんリスク対応

身体も気持ちも負担にならずに、
がんの疑いをチェックできます。

だ液だけで手軽に検査
身体への負担がありません

当検査はストローで少量のだ液を容器にとるだけ。採取にかかる時間もたったの数分間で終わります。だ液をとるだけなので、血液検査のような痛みや検査後に具合が悪くなったり、体力が奪られるようなこともありません。どなたでも身体への負担を心配することなく安心して受けることができます。

複数のがんリスクを同時に算出

サリバチェッカーは、1度のだ液採取で膵がん、肺がん、大腸がん、乳がん、口腔がんの5つのがんのリスクを調べることができます。また、がん種ごとにそれぞれのリスクを算出します。

「今」のリスクが分かる

遺伝子検査のような生涯の遺伝的可能性の検査とは異なり、検査した時点での身体の代謝物と疾患データベースに基づいて導いた、リアルタイムのがんリスクを知ることができます。グラフやチャートでレポートしますので、定期的な健康診断のように経時的変化も管理できます。

サリバチェッカーは、こんな方におすすめ サリバチェッカーは、こんな方におすすめ

項目を選択すると、詳細が表示されます。

痛い検査は苦手だ

数滴のだ液をとるだけなので、身体に負担をかけません

血液検査が苦手な方でも安心して受けていただけます。

検査を受けるのが負担だ

短時間で終わりストレスをかけません

採取にかかる時間は数分で終わります。採取後に具合が悪くなったり、体力が奪われることもありません。

家族にがんの人がいて不安

遺伝性のがんもあります

遺伝性のがんである場合は親から50%の確率で遺伝するとされています。
→出典:国立がん研究センター がん情報サービス

たばこを吸う、副流煙が気になる

たばこは肺がんのリスクを高めるとされています

喫煙者の肺がんリスクは、非喫煙者に比べ、男性で「4.4倍」、女性で「2.8倍」高まるとされています。
→出典:国立がん研究センター 社会と健康研究センター

便に血が混じる

血便は身体が発する異変シグナル

便に血が混じる病気には大腸がん、ポリープ、憩室炎、虚血性腸炎、放射線腸炎など、色々あります。出血の放置はNG!まずはサリバチェッカーで検査を行いましょう。

糖尿病が気になる

糖尿病は膵がんのリスクが高いとされています

日本膵臓学会によると糖尿病を患った、または糖尿病歴のある方は膵がんを約2倍発症しやすいとされています。
→出典:[科学的根拠に基づく] 膵癌診療ガイドライン – 日本膵臓学会

ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査 ごぞんじですか?自宅でできるがんリスク検査